あいおい薬局について

あいおい薬局について

あいおい薬局は中医学に基づいて、お悩み解決のご提案をしております。
不妊・子宝といったお悩みから、アトピー・にきびといったお肌のお悩みまで、
みなさまの悩みに寄り添ってご相談させていただきます。
ご来店・ご相談を心より、お待ちしております。

中医学について

漢方と中医学の違いは?

中国では原点となる医学書やそのほか様々な書物や処方が生み出され、中国の伝統医学「中医学の理論体系が発展してきました。
日本の「漢方」とは中医学の一部が、日本の気候や風土に合わせて調整され、ひろがったものなのです。漢方と中医学では考え方や診療・治療において異なる面があり、漢方を「日本漢方」中医学を「中国漢方」と呼ぶこともあります。

漢方専門薬局・薬店って、どんなところ?

漢方専門薬局・薬店では、西洋医学だけでなく漢方に詳しい薬剤師や登録販売者が相談をしてくれます。時間をかけてお話を聞いてくれるので、自分に合った漢方薬がわかります。漢方薬だけでなく自分の体質を知ることができたり、自分に合った養生法、病気の予防などもアドバイスしてもらえるので、自分自身を見つめ直すきっかけにもなります。

中医学って西洋医学となにが違うの?

西洋医学は「すでに出ている症状を治療する」ことが基本的な考え方で、たとえば頭痛には頭痛薬など、症状や病名に合わせたお薬が処方されます。中医学は一人一人の体質や病気の原因に合わせた「オーダーメイド医療」が特徴です。
一見同じ症状であっても、人それぞれに処方される薬が異なる「同病異治」や、その反対に異なる症状でも同じ処方で治療する「異病同治」の考え方で治療します。たとえば、頭痛の場合でも、原因や本人の体質、季節によってお薬の候補は多種に及びます。
また、病気になる前に予防をする「未病先防」という考え方があり、病気にかかりにくい体質を作る「予防医学」も中医学の特徴です。

中医学でお母さんも家庭のホームドクターに

薬食動源という言葉があるように、中医学では薬と食べ物の間にはっきりとした線引きはありません。身近な食材も重要な生薬として漢方薬の原料に使います。(ヤマイモ・ねぎ・しょうがなど)。中国の過程では、食べ物や食べ方によって健康を維持する「食養生」の知恵が根付いています。毎日食事を作っているお母さんは、家族みんなの健康を守っています。さらに簡単な中医学の知識を身に着けることで、風邪の予防・初期症状での素早い対処にも役立ちます。漢方薬を家庭の常備薬としてそろえておくと、いざという時にも安心です。

スタッフ紹介

オーナー 山口圭子(Keiko Yamaguchi)

あいおい薬局ではスタッフ一同「笑顔で明るく」を心がけ皆様の健康やお薬のご相談に応じております。
身体や心の不安やお薬に関する疑問などお気軽にご相談ください。

全員女性スタッフで運営しております

私たちが、お客様のご相談に何でもお答えしますので、お気軽に足をお運びください。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

ホワイトリリー製品取り扱い

ホワイトリリー製品取り扱い

あいおい薬局は、ホワイトリリー製品の取り扱い店舗です。
素肌の持つ自然のままの美しさを引きたてながら、若々しく健やかなお肌を保ちます。
また、当局では月に1回、ホワイトリリー製品を使用した、お手入れ会も行っております。
ホワイトリリーの美容部員さんが当局に来られ、製品を使用したエステを施術していただけます。

施術時間 40分
料金 1,100円(パック代のみ)
時間 10:00~15:00
日時 カレンダーをご参照ください

完全予約制となりますのでお電話にてご予約ください

施術の流れ

美容部員さんによる
マッサージ

ホワイトリリー製品を
使用したパック

メイク
(ご希望の方のみ)

処方せんの受付

処方せんの受付

あいおい薬局では、一般医薬品・医療雑貨の販売や、各種処方せんも受付しております。
佐世保市総合医療センターからもとても近く、便利な立地です。
ぜひ、お立ち寄りください。