MENU

このような方に漢方薬は有効です

不妊症について

不妊症の原因

一般的に”避妊をせずに通常の夫婦生活を送っているカップルが2年以上妊娠しない’状態“を「不妊症」と定義されています。
これは、結婚して2年で第1子を出産している夫婦が約80%というデーターが元にあります。
かつて不妊症の原因は、女性側にあるとされていましたが、今では、女性側の問題、男性側の問題、そして両者の問題に分けられ考えられています。

女性側の問題

女性の不妊症の原因は、晩婚化が大きく関わっています。
年を取るほど卵巣の働きは衰え卵子は古くなります。
35才を過ぎると妊娠率は年々下がり流産率は年々高くなっていきます。
原因は様々で排卵障害・卵管障害・黄体機能不全・高温期プロラクチン血症など、いくつかの原因が重なって起こるのです。

男性側の問題と両者の問題

男性側の問題の原因は、精子異常に集約されます。
そして両者の問題としては、夫婦生活に時間が割けない、性交痛があるなど、自然妊娠するための十分な性交が行われないケースが多いようです。

周期調節法とは

漢方医学では、周期調節法で妊娠しやすい体質づくりをしていきます。
周期調整法とは、西洋医学からみた妊娠のメカニズムを基本に、「月経期」 「卵胞期」「排卵期」「黄体期」という周期に合わせて漢方薬を飲み、低下している生理機能を調整して体質を整える方法です。

周期調節法は不妊の方だけでなく、月経痛、生理不順などの予防と改善にも役立ち、女性の健康づくりに応用されています。

不妊症で来店する方は、年々増加する傾向にあります。
その大半が病院で不妊治療をうけ、排卵促進剤などを飲み続けてもいい結果に結びつかないと悩んでいらっしゃいます。

当局では、ホルモンバランスを整えて、卵巣の働きを高め、高温期をしっかり維持させ、子宮内膜の厚さや卵胞の発育を促進する漢方薬と卵子と精子が受精し着床しやすい身体作りのアドバイスをいたします。

ママになった喜びの声

当局では、漢方をご愛用いただいた方々の喜びの声が多く届いています。

ここでは、その一部をご紹介いたします

ママからの喜びの声

こちらは、随時更新していきます。